交通事故の症状

 

むち打ち症

むち打ち症について

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」などといいます。
車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と呼ばれています。
その怪我の度合いも、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。

むち打ち症について

むち打ち症は首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、 首や背中の痛みなどが現れます。

むち打ち症の原因

車の追突などの交通事故により生じることが多いのですが、体操やスノーボードなどのスポーツによって 起きることもあります。

 

むちうち症の症状と分類

頚椎捻挫型

首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。

神経根症状型

頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。

バレ・リュウ症候群型

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労・・・ などが起こる症状です。
※後から症状が出てくることもあるので、まずは診断を受けることをおすすめします。

 

むち打ちに合併する腰痛症について

脊柱起立筋という背中の筋肉は、頭がい骨後方の後頭骨から骨盤の仙骨までつながっています。
むち打ち損傷のように頸部から背部に瞬間的に衝撃が加わった場合に腰部に痛みが出現することがあります。
例えば、助手席の子供の様子を見ているときに後方から追突された場合や、進行方向に向かって側面より追突された場合には、背中の下のほうで背骨のズレや筋肉の緊張を起こすことがあります。
事故直後より症状が出現することもありますが、数日後になって腰部の疼痛が出現することも少なくありません。
症状が出現後、数日経過しても軽快しない場合には、担当医に相談してみてください。

ぎっくり腰や坐骨神経痛について

「魔女の一突き」とも呼ばれるぎっくり腰ですが、急に発生した腰痛のことをいいます。
原因と痛めた場所によって症状が異なり、治るまでの期間も異なります。初期症状と慢性症状によって、冷やさなければならない時期と温めなければならない時期が異なります。
安易にお風呂に入って温めたりするとお風呂から上がってから動けなくなったり症状が悪化することもあります。

仙腸関節の痛み

床に落ちたものを拾おうとしたり、靴下を履こうとしたときなどに痛めることがあります。
仙腸関節のズレや周辺の靭帯や筋肉など軟部組織の炎症が痛みの原因です。
瞬間的な外力よりも蓄積された腰部の筋肉の疲労が原因の一つとなります。

骨盤のズレだけならば矯正をすることによって一発で症状が改善することもありますが、一般的にはコルセットの装着やテーピングによる固定など約2週間の経 過観察が必要になります。
比較的予後は良好ですが、症状が軽快してからも腰部の疲労をためないようしばらくは注意して、ストレッチや腰部のケアを続けてく ださい。

胸腰椎移行部の痛み

育児や家事など身体を前に傾けたまま捻ったり、くしゃみや咳によって痛めたりします。
胸椎と腰椎の関節のズレや周辺の靭帯や筋肉など軟部組織の炎症が痛みの原因です。
呼吸をしたり、横になっていても寝がえりを打つこともできないことがあります
しかし、関節の位置が安定すれば比較的予後は良好で、症状が軽快したら普段通りの生活に早期復帰が可能です。
やはり、腰部の疲労も原因の一つとなります。疲労をためないようにすることと冷やさない様に注意してください。しっかりと治療を受ければ早く良くなります。

椎間板の痛み

重いものを持ったり、椅子に長時間腰かけている方に多い症状です。
長年の椎間板の劣化があったところに、重いものを持ったり、急に姿勢を変えたりした瞬間にぎっくり腰にます。
椎間板に重みが加わるだけで症状が悪化しますので、基本的には寝ていることが一番の治療になります。
治るには早くて3か月以上かかり、元通りの業務への復帰は再受傷のリスクを高めます。
痛みが取れるのに約6週間、その後年齢による違いはありますが3~4か月の継続の加療が必要です。
牽引療法や腰痛体操は効果的です。

 

むち打ち症の治療

むち打ち症の治療

専門家の重要性

治療の専門家

交通事故には2つの専門家が必要になります。1つ目が治療の専門家、そして2つ目が法律の専門家です。
まず、交通事故で痛めてしまった体を治すことが最優先です。
当院が認定されております「むち打ち治療協会」では日本全国のむち打ち治療の専門家の先生を皆さんに紹介しています。
むち打ちの治療は、ただ電気治療をしたり、首を牽引するだけでは良くなりません。
専門の知識を持ったスペシャリストの治療が絶対に必要です。

法律の専門家

交通事故では、ほとんどのケースにおいて、相手側の保険会社との示談交渉などが必要となります。
しかし、素人である皆さまが法律を熟知した保険会社と交渉してもなかなか納得のいく慰謝料や保証金になりません。
それどころか、本来より少ない金額で決着する場合も少なくありません。

むち打ち治療協会では、交通事故を専門に取り扱う弁護士と提携し、無料相談などを通して患者さまが安心して治療に専念できるようにサポートさせていただきます。
また、交通事故による示談・裁判の際には交通事故専門の弁護士や交通事故後遺症問題専門の行政書士をご紹介させていただきます。
お困りの際には、お気軽にご相談下さい。

 

むち打ち治療協会とは

交通事故といえば、治療は病院や整形外科と思っていませんか?
むち打ちは治らなくてもしょうがないと思っていませんか?
実は、整骨院でも交通事故の治療が自賠責保険を使って出来るのです。
むち打ち治療協会では、むち打ちの70~80%を占めるといわれる頚椎捻挫に対し、専門に治療を行っている柔道整復師(整骨院の先生)を紹介しています。
そもそも、頚部捻挫とは首の関節の軟部組織(筋肉や靭帯などレントゲンに写らない組織)の損傷のことで、柔道整復師は、急性外傷である捻挫の専門家なのです。
そして、病院でも専門の診療科があるように、交通事故のむち打ちの治療も専門の特別な治療技術が必要になります。
事故後、病院に通っているが電気の治療だけであまり良くならない、といった不安を抱えている方も多いと思います。でも、それはある意味仕方がないことなのです。
なぜなら、交通外傷の特別な治療を行ってないのですから。
大抵の病院や整骨院でも交通事故は扱っています。しかし、専門で扱っているわけではないのです。
ぜひ、むち打ち治療の専門家のところで治療を受けてください。当然ですが、正しい治療をすればむち打ち症は回復します。

 

ちょっと豆知識

首の痛みがなくなり、むち打ちの治療が終了すると、保険会社との示談交渉が始まります。その際、慰謝料に関係してくるものに、通院日数があります。
その際、慰謝料に関係してくるものに、通院日数があります。仕事が忙しくて、なかなか通院しないでいると症状の改善に影響が出てくるのも当然ですが、慰謝料の額も少なくなってしまうこともあるのです。なぜなら、慰謝料は通院日数に応じて支払われるからです。
交通事故で痛めてしまった体を治すことを優先してください。治療すべき時に、忙しさを理由に治療を怠ってしまうと、残りの人生をずっとむち打ちと付き合っていくこととなってしまいます。交通事故に遭ってしまったら、むち打ち治療の専門家の所にきちんと通院し、しっかり治すことを第一に考えてください。

治療を続けていて、患者さんが保険会社から受けるプレッシャーの一つに「治療費打ち切り」があげられます。
交通事故で怪我をさせられ治療に通っているにもかかわらず、保険会社から一方的に「一般的にはもう治っている時期なので今月で治療費の支払いを終了します」という内容の電話がかかってくることがあります。
治療を続けていて、患者さんが保険会社から受けるプレッシャーの一つに「治療費打ち切り」があげられます。
しかしこれは保険会社が勝手に判断しているだけのことです。
これ以上治療を続けてはいけない、という強制的なものではなく、
「保険会社としては、治癒ないし症状固定であると判断したためもう治療費は払いません。ただし、後で治療が必要であったとわかったときはその分は後で払います。」という意味であると理解しておいてください。
そしてそのような連絡があった際はすぐに相談してください。

うぃんぐ整骨院 むち打ち治療窓口
092-751-1822